INFOMATION

求人情報

  • 機械・メカトロ
  • 産業向け
  • 大阪府
  • 東京都

株式会社朝日熱学

① 設備設計  ② 設備工事施工管理  ③ メンテナンスサービスエンジニア

  • 正社員

空調・冷蔵・冷凍技術の「株式会社朝日熱学」の求人募集です。

RECOMMEND サイト運営会社からひとこと

1965年の設立以来、培ってきた「空調」、「冷蔵」、「冷凍」の技術を基盤に、そして果物や野菜を貯蔵、熟成・加工する技術を得意とし、世の中のニーズに応えてきた業界では有名な歴史ある企業です。技術者にとっては、発想力が必要とされる仕事で、単調な仕事ではない為、好奇心旺盛の方には非常に良い環境と言えます。

仕事の内容 ① 設備設計
空調設備、冷蔵設備等の工事を中心にした基本設計および実施設計業務・工事に関する見積作成、積算業務・進行の工事現場の設計監理業務を担当していただきます。

② 設備工事施工管理
空調設備、冷蔵設備等の工事を中心にした進捗管理および工事現場の現場施工管理業務を担当していただきます。

③ メンテナンスサービスエンジニア
当社が納品した空調機械、冷蔵設備等の保守点検、修理、補修など設備のメンテナンス業務を担当していただきます。
雇用形態 正社員
勤務地 ①②
本社
(東京都港区芝浦一丁目1番1号 浜松町ビルディング28階)
※最寄駅
JR線「浜松町駅」より徒歩8分


・本社
(東京都港区芝浦一丁目1番1号 浜松町ビルディング28階)、春日部事務所
・関西営業所
(大阪府大阪市中央区淡路町1-6-2 TNJ大阪ビル4階 )
※最寄駅
地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩5分
勤務時間 9:00~17:30(実働:7時間30分)
給与 月給25.2万円~41万円(昇給1回/年、賞与1回/年)
※年齢、経験、能力を考慮の上、決定します。
待遇・福利厚生 ・各種社会保険完備
・通勤交通費
・扶養家族手当
・役職手当
休日・休暇 完全週休2日制(土日)
祝日、年末年始、その他会社カレンダーによる
年間休日120日
募集の背景 組織強化の為
求める能力・知識・経験
(必須要件&歓迎要件)
① 設備設計
・高卒以上
・普通自動車運転免許 第一種
・チャレンジ精神(好奇心旺盛)があり、考える力を持っている方
【歓迎資格】
・管工事施工管理技士1級
・建築設備士
・設備設計一級建築士

② 設備工事施工管理
・高卒以上
・普通自動車運転免許 第一種
・チャレンジ精神(好奇心旺盛)があり、考える力を持っている方
【歓迎資格】
・管工事施工管理技士1級
・建築設備士
・設備設計一級建築士

③ メンテナンスサービスエンジニア
・高卒以上
・普通自動車運転免許 第一種
・技術を習得し、チャレンジ精神(好奇心旺盛)があり、考える力を持っている方
【歓迎資格】
・管工事施工管理技士1級
・1~2級電気工事施工管理技士
・第一~三種冷凍機械責任者
選考プロセス 書類選考 → 面接(1~2回) → 内定

技術や製品

  • 【朝日式差圧バナナ加工システム】
    高品質のバナナを一番おいしい状態でご家庭に。
    高度の空気循環システムを組み込んだ画期的なバナナ加工システムにより、これまで難しいとされてきた、室内のバナナを均一に加工できるようになりました。
    詳細ページ

  • 【高品質長期貯蔵】
    基礎研究からシステム技術に。
    当社では、超低温・急速冷凍などによるマグロの低温貯蔵から青果物の低温・定温貯蔵まで、さまざまな用途で幅広く最適な環境づくりを推進しています。特に青果物の種類・産地・流通過程などを細かく分析し、独自のノウハウに依り、より適した環境づくりを可能にし、高品質での長期の貯蔵を実現しています。※写真は冷凍庫(二次冷凍機)
    詳細ページ

  • 【国内最大級の低温化設備】
    築地中央卸売市場の導入例(東京シティ青果株式会社殿)
    ■設備概要
    規模 : 卸売場約6,800平米
    温度 : 外気温度を摂氏33度に想定した場合 温度差マイナス6~7度
    使用時期 : 5月~10月中旬、15時から翌朝8時
    仕切 : 可動式レノン(折りたたみ式)、通路出入り口はエアカーテン
    詳細ページ

  • 【CA貯蔵設備】
    新鮮な青果物を、一年中供給するために
    青果物の消費量は年ごとに増加し、しかも消費期間が長期化する傾向にあります。こうした中、産地から消費者への流通過程において新鮮な食品を需要に応じて出荷できる体制が求められています。鮮度を長期間保持し、かつ大量に保管することが可能になれば価格の安定化をはじめ出荷調整等の問題を解決することが出来ます。弊社では、青果物のより効率的な貯蔵法の研究開発に努力を重ね、朝日熱学(スルザー)式CA貯蔵設備を完成。鮮度の高い青果物を提供することを目的としたCA設備を通して、業界発展に貢献したいと考えております。
    詳細ページ

  • 【地下水熱循環式冷暖房システム】
    年間を通して温度変化の少ない「地下水熱」を活用
    地下水熱の温度は、空気とは違って年間を通して大きな変化がなく、地球環境保全の立場から「未利用エネルギー」としての活用が着目されています。夏期は外の空気より低い温度の熱源を地下水より取り出し冷房に使用します。また、冬季は外の空気より暖かい温度の熱源を地下水より取り出し暖房に使用します。 地熱発電とは異なり、電気があれば都心でも山間部でも設置できるので、事業所や家庭の冷暖房、寒冷地の融雪用熱源等に活用可能です。
    詳細ページ

基本情報

会社名 株式会社朝日熱学
URL http://www.asanetsu.co.jp/
本社住所 〒105-0023
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング28階
事業拠点 【本社】
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング28階

【関西営業所】
大阪府大阪市中央区淡路町1-6-2 TNJ大阪ビル4F

【青森営業所】
青森県弘前市大字早稲田3-1-2 サンリョウビル205
事業内容 ■事業概要
同社は、1965年に設立した、「よりよい環境を創造するトータル・システム・プランナー」として、様々な環境制御設備のプランニング・設計・施工を手がける総合エンジニアリング企業です。

■主要展開事業
1)冷凍、冷蔵設備設計施工
2)果実、鮮魚、低温貯蔵設備設計施工
3)果実熟成加工設備設計施工
4)CA貯蔵庫設備設計施工
5)空調設備設計施工
資本金 6,000万円
売上高 14億円
設立年月日 1965年5月
代表者 長橋 正俊
従業員数 30名