求人情報

  • ソフトウェア
  • 産業向け

株式会社アイビット

各種X線検査装置のソフトウェア開発職

  • 正社員

電子回路に潜むミクロの欠陥も、ひとつ残らず見つけてみせる!マーケットをリードする醍醐味、大手のエンジニアを技術で驚かせる快感、世の中にない製品が自分の手から生まれる感動のすべてがあります。

RECOMMEND サイト運営会社からひとこと

「X線検査装置」を開発するものづくりベンチャーです。ミクロ単位の欠陥まで見つけることのできる技術は、まだ世の中で数社しか手掛けていない非常に難しい技術。それがここにはあります。少数精鋭で大手企業とも互角に競い、マーケットをリードしています。高い技術力を身につけ、ものづくりの本当の楽しさを実感することが出来る環境がアイビットにはあります。

仕事の内容 機械制御、検査アルゴリズム、画面処理の仕事は細かく分けて3種類。
機械の“頭脳”をつくる仕事です。
雇用形態 正社員
勤務地 本社
(神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP(かながわサイエンスパーク)東棟6F)
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
給与 月給23万円~40万円 ※年齢、経験、能力を考慮の上、当社規定により優遇いたします。

【年収例】
550万円/35歳・入社5年目・月給35万円
待遇・福利厚生 各種社会保険完備
住居移転手当
休日・休暇 週休2日制(土日) ※祝祭日がある場合は土曜日出勤
祝日、年末年始、夏期、有給休暇、慶弔休暇、特別休暇
募集の背景 大手自動車メーカーのパートナーとして、ハイブリッドカーの半導体X線自動検査装置の開発、納入や、世界初シリコンウエハの内部欠陥の検査装置の開発、納入、超高速鉄道のX線検査装置の開発、納入を行うなど、確実に実績を積んできました。そんな当社に対して、お客様からの高いご期待をいただき、引き合いが急増中で、徐々に対応しきれなくなっています。そこで体制強化を図るための募集です。
求める能力・知識・経験
(必須要件&歓迎要件)
■文理不問
■大学院、大学、専門、高専、短大 卒業見込みの方、中途
■好奇心旺盛な方
■いろいろなことを吸収したい方。
■厳しい環境に身を置き、成長したい方。
■チームワークで仕事をします。協調性を重んじる方。
■最先端の業界知識・経験を身につけたい方
選考プロセス 書類選考
(採用担当窓口の日本アルテック㈱からご連絡いたします)
 ▼
面接(1~2回)
 ▼
内定

技術や製品

  • ■研究用実験動物のX線観察装置です。
    微小焦点5μmでマウスやラットなど、小動物の微小部分の拡大観察に最適なX線観察装置です。
    ※焦点径は15μm、30μmの設定も可能(オプション)
    製品紹介ページ

  • 特 徴
    ①コンパクトな小型X線装置でありながら、幾何学倍率1000倍を達成
    ②アイビット独自の『X線ステレオ方式』で裏面情報キャンセル
    ③フラットパネルが60°傾斜して観察可能、斜め観察でも倍率が下がらない
    ④斜めからの観察には観察位置を自動追従(カメラ傾斜してもポイントがずれない)
    ⑤各種測定機能付き
    ⑥オプションで検査機能追加可能
    ⑦ターゲット~試料0.5mm、ターゲット~X線カメラ500mm:500/0.5=1000、幾何学倍率1000倍を達成
    製品紹介ページ

  • 概 要
    ■大型基板対応のX線観察装置です。
    ■検査対象の見えない部分をX線透過しリアルタイムでX線観察が可能になります。
    ■大型プリント配線板、大型実装基板などの観察に最適です。
    製品紹介ページ

  • 概 要
    ■実装基板のはんだ付け部をインラインで自動検査するX線検査装置です。
    ■BGA、LGA、QFNなど、はんだ接合部を直視できない実装部品の検査を自動で行います。
    製品紹介ページ

  • 概 要
    ■本装置はX線を用いてパワーデバイスのダイボンド(はんだ付け実装)部を透過撮影し、そのX線透過画像からダイボンド部分を自動検査する装置です。
    ■ベアチップの実装傾きやはんだ量、はんだのボイド率を自動測定し、OK/NGを自動判定します。
    ■オプション機能として不良個所へのマーキングも可能です。
    ■X線源には焦点径5ミクロンのマイクロフォーカスX線管、受像部には145万画素の最新式のX線デジタルI.I(イメージ・インテンシファイア)を採用することで高解像度のX線画像を抽出でき、高精度な検査が行えます。
    製品紹介ページ

  • 概 要
    ■X線装置に取り外し可能な「水素還元リフロー炉」を内蔵しました。
    ■IGBTなどのパワーデバイスに欠かせない減圧炉でのはんだ付け状態をX線でリアルタイムに可視化します。
    ■水素還元はんだつけのプロファイラーとして最適です。
    ■水素還元炉が不要な場合は専用台に取外し可能→通常のX線装置として使用可能です。
    製品紹介ページ

  • 概 要
    ■ダイボンダ機能搭載X線検査装置です。
    ■ダイボンドの最中をX線を用いて観察することが可能です。
    製品紹介ページ

  • 特 徴
    ①本装置はX線を用いてシリコンウェーハ内の結晶欠陥であるボイドを自動で検査します。
    ②赤外線による同様な検査の手法もありますが、低い抵抗値のウェーハなどは検査が難しい、また研磨した最終工程のポリッシュウェーハでないと精度の良い検査ができないなどの条件がありました。X線による検査方式ではそのような諸条件が必要なく、研磨前の状態(スライス直後)であっても検査可能です。またウェーハの抵抗値に関係なく検査が可能になります。
    ③検査対象シリコンウェーハのサイズは12インチ、8インチとなります。(6インチはオプション)
    ④安全性について:X線作業主任者などの特別な資格は必要ありません。X線は完全に遮断されているため、安全に使用できます。
    製品紹介ページ

  • 特 徴
    ①ウェーハ上のバンプを自動で検査、判定を行うX線自動検査装置です。
    ②ウェーハ内部のボイド(気泡)をX線を用いて透過し、その透過画像からボイドの直径(面積)を求め基準値以上のボイドについての良否を自動判定 検査します。
    ③X線源にはマイクロフォーカスX線管を用い、X線受像部には最新鋭のX線デジタルカメラを採用することで高解像度の画像を抽出でき、高精度ボイ ド検査が可能です。
    製品紹介ページ
    今回、世界最大手の半導体工場で採用されました。

基本情報

会社名 株式会社アイビット
URL http://www.i-bit.co.jp/
本社住所 〒213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP(かながわサイエンスパーク)東棟6F
事業拠点 本社
事業内容 半導体パッケージ用X線装置の開発、製造、販売
実装基板用X線検査装置の開発、製造、販売
輸入X線装置の保守メンテナンス
プリント基板生産用機器の製造、販売
コンピュータおよび周辺機器の販売
資本金 5,000万円
売上高 3億5,000万円
設立年月日 2000年9月1日
代表者 向山 敬介
従業員数 7名